テニスの技術

アクセスカウンタ

zoom RSS 大坂なおみは復活するか

<<   作成日時 : 2019/02/22 17:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 ドバイ・デューティフリー・テニス選手権でWTAランキング1位の大坂なおみ選手はWTAランキング67位のクリステア・ムラデノヴィックにストレートで敗北した訳だが、これについて多くの女子トッププレーヤがコメントしている。その内容は大坂選手の精神面を思いやるものがメインで、戦術面の変化には触れていない。これは当然の事かもしれない。わざわざ敵の弱点を指摘してやる必要はプロ選手にはない。弱点が残っている方が倒しやすいのだ。
 しかし、考え様によっては女子プレーヤはあまり戦術を分析する能力が高くないのかもしれない。一方で、感情面の共感力は高い。だから、大坂選手の精神面ばかりを心配している。こうした女子プレーヤには正確な分析のできる優秀なコーチは不可欠なのだろう。
 前回も指摘したとおり、大坂選手の敗因は攻撃に固執した点にある。これは杉山愛氏も指摘している。

杉山愛氏の指摘

もちろん、杉山愛氏も女性らしく、精神面の負担を指摘しているが、きちんとプレーを見て、敗因を指摘しているのはさすがである。この様に優秀なコーチが付き、大坂選手がきちんと言う事をきけば、復活はそれほど困難な事ではない。何せ、彼女の身体能力は世界No.1なのだから。
 問題なのは彼女が方針を改めるかどうかだ。バイン氏との決裂も戦術面での方針の違いが原因だろう。女性週刊誌が指摘する様な痴情のもつれではない。大坂選手はつまらない守備をやりたくはないのだ。嫌な事はやらないのはあらゆる日本女性に共通の性質だ。だから、日本女性は管理職には就けない。管理職は裏方のつまらない仕事だからだ。これを真面目にやらない社員を登用するわけにはいかないのだ。
 彼女が楽しさを優先し、世界No.1の地位を捨てたとしても、それは本人の自由だ。世界には明日の飯も食える余裕がなく、飢え死にする者が未だに存在する。しかし、金持ちはまずい料理を捨てる自由が与えられている。これが世界の現実だ。日本のファンも成績が落ちれば、大坂選手への関心はなくなるだろう。本人がそれで幸せなら、誰も文句を言う権利はないのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
杉山愛は堀内より優秀だった、という記事だった。

女子は攻めしかやりたくない選手、守りしかやりたくない選手
ばっかり。
今の時代、やりたい事がわかってる分幸せな気もする。
国内の選手はバランス型が多すぎて・・・
日記ー
2019/02/22 18:24
21世紀初頭はウィリアムス姉妹やベルギーズ、ヒンギス
カプリアティなどがGSで争っていて男子より面白いゲームも多かったぐらいでしたが、最近はもはや・・・大阪ナオミがNo.1になった!と日本のマスコミがはしゃいでましたが、好事家からすると、ここ数年で何人のNo.1が入れ替わったやら〜と少し辟易ぎみだったような。
新星が出ては墜ちていくの繰り返しで、ナオミもどこまで持つやら〜って感じです。
愛読者
2019/02/23 08:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
大坂なおみは復活するか テニスの技術/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる