なぜ、基礎練習で上手くならないか

 漫画などでまことしやかに言われているのが、スポーツは基礎が重要だというセオリーだ。真面目な人間はこれを信じ、一生懸命地味な練習をする。しかし、実際には運動神経の良い、遊んでいる様な奴らに試合でボロ負けするのだ。そうして、こう感じる。運動はやはり才能なのだ。できるやつは遊んでいても勝てるのだ。
 しかし、世界のプロスポーツ選手を見ているとある共通点がある。それは意外と遊びの様なくだらない事も夢中になってやっている事だ。例えば、テニスのまた抜きショットなどはプロ選手なら皆、練習をしている。これはトリッキーなふざけたテクニックに見えるが、プロは必ず習得する。
 これは遊びの様なショットがコーディネーションのトレーニングになるからだ。コーディネーションの能力とは要するに運動神経の事だ。これは鍛える事が可能なのだ。そして、運動の能力とはこのコーディネーションの能力で決まるのだ。
 例を挙げよう。あるプレーヤがグランドストロークを強化しようと思ったとしよう。彼はひたすら球出しの球を打つ練習を繰り返した。基礎トレーニングが重要だと考えたからだ。しかし、試合に出て思わぬ事態に遭遇する。それは試合では球出しの様な簡単なボールが来ない。実際に試合ではコート中を走らされ、崩れた体勢でボールを打たなければならない。そして、そんな練習は球出しでは全くやっていなかったのだ。
 こうした場合、ものをいうのはコーディネーションの能力だ。それは崩れた体勢でも何とかボールを正確に返す能力だ。それは基礎練習の結果ではない。それは普段から崩れた体勢で返す練習をしていなければできない。体勢を崩す様な状況はより実践的練習の方が練習しやすい。要するに基礎など無視して試合ばかりやっているやつの方が上手くなるのだ。それどころか試合では使わない様な遊びのショットまで練習する者の方が試合で強くなる。彼は遊びの結果、運動神経が良くなっているからだ。
 しかし、球出しは実は役立たずの練習ではない。役に立たなかったのはただ漫然とボールを打ち返していたからだ。テーマを持ってやれば、球出しも高度な練習になる。もちろん、これは最早、基礎練習ではない。例えば、同じ球出しでも目標を作り、それを狙って打てば良い練習になる。特に目標を複数用意し、打ち分けをする様に練習すればコーディネーションの能力が大きく向上する。これは狙う場所によってスピン量を巧みにコントロールしなければならないからだ。また、同じ構えからコースを変える能力も必要になる。
 結局、基礎が大事というのは日本人の考え出した迷信だ。単純な事を繰り返せば、練習無しで複雑な事もできる様になるという事はあり得ない。日本にはこうした迷信があらゆる分野に存在する。優れた人間は常識は信じない。それは権力者により操作されており、国民を無力化する様に意図されているのだ。なるべく自分で真偽を確かめる。論理的に分析し、内容を理解する。それが日本でノウハウを習得するコツなのだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック