初心者向けフォアハンドストロークの学習法

 初心者向けのレッスン書を見ると、初心者はイースタングリップで打つべきだと必ず書いてある。しかし、最初にイースタングリップを憶えると後でウエスタングリップに変更するのに非常に手間が掛かる。事実上、初心者からやり直す羽目になるのだ。従って、現代ではいきなりウエスタングリップでテニスを始める事が合理的だ。ではそのときの注意点とは何だろう?世の中にはイースタングリップの習得法はたくさん存在するのに、ウエスタングリップの始め方は全く存在しない。いったいどうすれば良いのだろうか?
 実はウエスタングリップの習得に注意点など存在しない。従って、いきなりボールを打てば良い。打ち方は自分の好きな通りに打てば良い。ウエスタングリップでは無意識に打てば、自然に合理的なフォームで打てる。だから、ほとんどのジュニアはウエスタングリップを採用する。ジュニアは意識してフォームをコントロールする者などいないからだ。
 唯一の注意点は早いうちに自分に合ったグリップを見付ける事だ。大まかにウエスタングリップで握れば、後は打っているうちに自然に微調整が行われる。大事な事はこのグリップをきちんと確認し、憶えておく事だ。そうすれば次回からの練習時間が大幅に短縮できる。次の練習中にグリップが変わってしまったらそれでも良い。新たなグリップを再び憶えておく。次の練習は新たなグリップから始めるのだ。こうすれば効果的に自分に合ったグリップを憶えられる。
 これとは対照的なのがイースタングリップだ。このグリップでは意識して面をコントロールしないとボールは正確に打てない。実はテニスを難しくしているのはこのグリップが原因だ。明らかにスクールは生徒に遠回りをさせている。これは当たり前で、生徒の上達が遅い方が長くスクールに滞在してくれるからだ。スクールにとってはすぐに上達し、スクールを卒業されては困るのだ。
 こうした難しいグリップがかつてはプロでも標準であったのはコートサーフェスと関係がある。当時の芝生のコートではボールのバウンドが低く、ウエスタングリップで打つには体を大きくねじらなければならなかった。これは松岡修造の現役時代の写真を見れば良く分かる。身長の高い松岡は窮屈な姿勢で背中を丸め、スクエアスタンスで腰を落としながらボールを打っている。当然、この様な悪い姿勢ではパワーボールは打てない。当時はイースタングリップの方がはるかにボールパワーがあったのだ。
 現代ではバウンドははるかに高い。特に相手がスピンを多用する場合は、自分の頭ぐらいの高さまでボールが弾む。従って、イースタングリップは不要になったのだ。そして、ウエスタングリップは実は習得は極めて簡単だ。特別なコーチはいらないと言って良い。まさにスクール泣かせのグリップであり、それ故、意図的にスクールから排除されているのだ。
 こうした事実がWebページに掲載される事はない。テニス雑誌にも書かれない。テニスコーチも本音は言わない。多くのプレーヤは自分で考えてウエスタングリップを習得している。彼らの教師はプロであり、技術を勝手に盗んでいるのだ。どの分野でもそうだが、社会に出れば親切な先生はいない。ほとんどの知識は他人から盗むのだ。また、書籍などで独学をするのだ。最近の若者はこの事実を理解しているとは言いがたい。学校でマニュアル管理されてきたからだ。社会に出れば正解は自分で見付ける。誰も答え合わせはしてくれない。そんなものは誰にも分からないのだ。従って、自分の判断を信じるしかないのだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック