根性ではプロになれない

 我々が幼少の頃には「スポ根」と呼ばれる根性物のスポーツアニメが流行っていた。プレーヤは鬼コーチに家畜の様に従順に従い、虐待と区別が付かない非効率的な練習を必死にこなす。その結果、ライバルに勝利するのが定番だった。今でもYou Tubeなどでは当時の動画が視れるだろう。「巨人の星」などが定番なので検索してみると良い。

巨人の星のオープニング

 しかし、こうした根性は現実のスポーツの世界では通用しない。より正確にはジュニアのレベルでは通用するが、プロでは全く役に立たないのだ。ジュニアの時代はほとんどのプレーヤが技術が未熟であり、体力も足りない。こうした中で、ひたすらハードな練習をすれば、手っ取り早く技術も高くなり、体力も向上する。この時期は技術と体力があれば簡単に勝てる。したがって、根性は十分通用するのだ。現実にこの方法で日本のジュニアのレベルは非常に高い。テニスでも高校生レベルなら日本人は世界で通用するのだ。
 しかし、プロになると一定の技術や体力は当たり前になる。そんなものは誰でも持ち合わせているのだ。このレベルになるとスポーツは頭脳戦だ。すなわち、優れた戦術を駆使する者が優位に立つのだ。この点で海外のコーチングは優れている。それは遊びの要素を重視するからだ。遊びではプレーヤは自分で考えて工夫をする。その方が楽しいからだ。そして、この能力は後にプロになったときに役に立つ。彼は試合の駆け引きができるようになる。若い頃から考える癖を付けているからだ。遊びには駆け引きは付きものだからだ。
 錦織選手も最初は100位ぐらいで低迷していた。その後、IMGアカデミーで守備を強化した。これはショットの調整力の強化にもつながり、順位は大幅に伸びた。しかし、現在の様なトップ10に入る実力を手にしたのはマイケル・チャンから戦術を教わったおかげだ。具体的には相手の短いボールに対し、積極的に前に出て強打する事だ。そのための効果的なテクニックがライジングだ。このやり方は日本プレーヤの標準の技術になり、西岡選手や杉田選手も強くなった。最近では長身のダニエル太郎選手まで採用している。マイケル・チャンが戦術を持ち込まなければ、日本人は相変わらず松岡修造を超えられなかったのだ。
 この様に修造チャレンジは松岡を超えるプレーヤを生まない。これは彼自身が自分の成績で証明している。一方で当時No.1だったマッケンローはダブルスの試合が良い練習になっていると言われるほど練習嫌いだった。しかし、彼が頭脳的プレーに優れていた事は誰もが認めていた。もちろん、現代では練習しないで勝てるほど甘くはない。しかし、戦術面の重要性はプロでは明らかなのだ。そして、その能力は根性では決して身につかない。むしろ、根性を出すと戦術の能力は消滅する。戦術は合理性を意味する。根性は非合理的なものであり、相反する方法なのだ。

この記事へのコメント

ぴーすけ
2018年08月10日 22:28
こんばんわ。うーん、なんか松岡修造の話以来むちゃくちゃですね。
まず虐待のような練習しているスクールって今時どこですか?
具体的にご存知なんですか?
また、散々マスコミ批評していながらテレビ番組が視聴率獲得の為に行っている松岡修造の熱血シーンを真に受けてもしょうがないじゃないと思いますね。
他にもジュニア選手は貴方がクローズドとかフラットとか昔の雑誌に書いてたような知識のレベルではプレーしていませんし。小学校高学年位になると既にライバルが存在し、強くなりたいという一心で練習してると思いますが、子供だからこそメンタルの弱さも存在しますよね。で、メンタルの折れかかっている子供に技術論をしたって全く意味ないです。
どこの世界でも勝つ負けるの最後には精神力は存在します。
行った方からはIMGのコーチの球出しはほぼ日本の体育会系だと聞いております。錦織自身もインタビューで勝てないと思われた選手は人の扱いをされないと言っておりましたし、口に出さないですがかなりの根性系なんじゃないかと推測されますがね。。。
Jacob
2018年08月10日 23:16
虐待はアニメの話だ。倒れた選手にボールをぶつける意味のない練習が当たり前だ。これは野球もバレーもテニスもだ。そして、松岡修造の熱血シーンを真に受けるなと注意しているのだ。多くの視聴者がこれが上達法だと勘違いしている。松岡は未だにクローズドスタンスを強要する。ジュニアの意思とは関係ない。そして、IMGが体育会系の訓練をするのはプロに近くなってからだ。当然、そのレベルに達しなければ、優しい代わりに本気で面倒は見てくれない。
ぴーすけ
2018年08月16日 22:20
そこそこご年配の方と推測しておりますが、やはり歳とると人間考えが固定するようですね。。。苦笑
世の中には貴方の経験外のことも色々あるのですよ。

今の少年少女はエースを狙えなんて知らないしクローズドスタンスを強要しているスクールもありません。
Jacob
2018年08月16日 23:21
こちらはコートで実験した結果を載せている。お前らのような机上の空論ではない。ラケットも握ったことがないような奴はコメントするな。経験外とはお前の妄想のことか?そして、松岡はスクエアスタンスを強要する。これはほとんどのスクールでも同じだ。ただ、上達すると一般のスクールでは文句は言われなくなる。上達しなければ、しつこく指導されるのが普通だ。
ぴーすけ
2018年08月27日 17:41
いや週に4回位ですがラケット握ってますが…笑 じゃなきゃこんなとこ来ないですよ。
で、机上の空論って正に貴方では?実際にジュニアを指導したりビデオ撮って修正したことあるんですか?テニス協会を非難してるようですが貴方も殆ど理論的に反論に答えてはいない。で来るなと…中々楽しませて頂いてます!
Jacob
2018年08月27日 17:46
ふざけるな。週に四回もやっている者がこのブログの主張を空論と言うはずはない。オタクはもう来るな。

この記事へのトラックバック