スポーツでは基礎が大事

 スポーツでは基礎が大事と言われる。では、そもそも基礎とは何を意味するのだろう?例えば、素振りである。多くのコーチがこれが基礎であると言うが、その根拠は何なのか?単に昔からやっているというだけの理由しかないのではないか?
 例えば、テニスであれば基本はイースタングリップ、スクエアスタンス、体重移動、フラットボール、大きなフォロースルーといったところだろう。しかし、このフォームはプロは全く使っておらず、誰かが考えたでたらめの様に見える。現に、アマチュアでも上手いプレーヤは全くこの様な事はしない。例えば、ジュニアプレーヤであれば初めからプロの様に打つ。彼らはプロを目指しており、遠回りの余裕など無いからだ。
 また、基礎練習というものも存在する。例えば、ひたすら球出しのボールを打つといった単調な練習だ。多くのコーチが単調な練習が最も効果的だと主張する。しかし、実際ゲームをやってみればその練習の無駄さ加減に絶望する事になる。なぜなら、練習でやっていた様な甘いボールは試合では全く来ないからだ。実践ではプロですら一定のフォームで打てない。体勢が崩れたり振り遅れたりは当たり前だ。安易なボールを前提とした基礎練習は全く成果を発揮する機会が無いのだ。
 そして、多くの運動の苦手なプレーヤはこう結論する。「結局、運動は運動神経の優れたやつしか上手くならないのではないか?」そして、その結論は正しい。運動は個々の要素を練習するより、それらを上手く組み合わせて最終的に成果を出す能力を練習する方が重要なのだ。これを一般には運動神経と言うが、正しくはコーディネーションの能力と言う。
 このコーディネーションの能力は生まれつきだと日本では信じられている。しかし、この力は実はトレーニングが可能な事が欧米では知られている。このトレーニングは当然ながら基礎練習ではない。それは個々の技術を応用するためのトレーニングだ。実はスポーツの上達はこの要素が最も重要なのだ。明らかに日本のスポーツ理論は間違っている。それは文部科学省が作り出した迷信なのだ。
 実際、多くのプレーヤが運動神経の良いやつがどんどん上手くなっていくのを実感しているだろう。そして、自分は決してそうはなれないのだとあきらめている。しかし、こうしたコーディネーションの能力は通常のテニスの練習でも鍛えられる。それは基礎練習ではなく、むしろ応用練習で上達する。例えば、ランニングショットを打ったり、採れそうもない遠くのボールをボレーしたりといった、体勢の崩れがちな練習で最も効果が出るのである。
 残念ながら日本は詐欺大国であり、インターネット上ですら詐欺師があふれかえっている。しかし、スポーツは自分を実験台に試す事ができるので詐欺に遭いにくい分野だ。現実に錦織選手も体勢が崩れた状態でボールを返す練習をし、世界ランクが急上昇した。疑う者は自分でこれを試せば良い。そうすれば結果ははっきりする。日本ではなるべく自分で試す事が必要だ。他人の言う事は全く信用できない世の中だからだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック